神戸では結婚式場のスタイルは自由自在

二人が今までお世話になった人たちへの感謝のしるしとして挙げたい結婚式。
もちろん、結婚式場のスタイルというのはある程度決まっているため、なかなか自分たちのイメージ通りの結婚式場が見つけられないという方が多いはずです。
そんな悩めるお二人にお薦めしたいのが神戸の結婚式場です。
神戸は結婚式場も多く、スタイルも様々です。
だからこそ豊富なスタイルの中から自分たちにぴったり合った結婚式場が選ぶことができます。
あるカップルは、新郎の趣味のバイクをエントランスに飾ってお客様に披露したり、また別のカップルは花嫁の趣味のパッチワークをロビーに飾ったこともあります。
また一味違う結婚式にするためにそれぞれが創意工夫をしてお客様をお迎えするというのも素敵だと思います。

結婚の際のご祝儀のルール

友人や親類が結婚した場合、ご祝儀を渡すのが一般的です。
ご祝儀を渡す際には、一度結んだら解けないという意味で結び切りの水引きの祝儀袋を使います。
祝儀袋は金銀や紅白の色の結び切りやあわじ結びをしたものを使用します。
蝶結びの水引きは何度でも結び直せるということから選ぶのは失礼にあたります。
金額に合わせて豪華な祝儀袋を選ぶのがマナーです。
豪華な祝儀袋であるとある程度の金額を包まないと失礼に当たるので注意が必要です。
書き方にもマナーがあり、中央に毛筆か筆ペンで氏名を書きます。
お札は新札を用意し、綺麗な状態で包みます。
またそのまま祝儀袋むき出しでもっていくのには失礼に当たるのでふくさやハンカチで包んで持っていきます。